学生住居の賃貸物件選び

私は、大学生になるときに一人暮らしを始めることになり大学周辺の住居を探すことになりました。学生が大学周辺で住居を探そうとすると、大まかには二つの方法があります。一つは、地元の不動産業者に連絡をして学生向け賃貸物件を紹介していもらうという方法で、もう一つは学校で紹介している生協のおすすめ物件を利用するという方法です。私は、最初に大学の生協に行ったところは1万円代から2万円の物件が並んでおりその間取りをみて、プライバシーがなさそうで不安になりました。

そこそこの難関大学に現役合格したこともあり、私の希望は通りやすい状況であったため違うところで探すことになりました。次に向かったのが、学校の最寄り駅近くにあった不動産屋でした。こちらも学生が入居する時期ということもあり、すでに2組が物件選びの真っ最中でした。ここで、早い者勝ちかなという雰囲気を感じ取ることが出来たので急いで選ぶことにしました。

早速、生協で見てきた旨を伝え希望の条件を伝えたところ何件かの物件を紹介してもらいました。その中で、風呂、トイレが共同で水は使い放題というところがありちょっと心がひかれました。再度、自分は何を求めているのだろうと考えてみたところ、プライバシーは部屋のみでよいと思っている自分に気づきました。これは不動産業者が、経験を基に良い物件を提示してくれたからこそわかったことであり良い出会いをしたと思いながらすぐに契約をしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です