連帯保証人の要らない賃貸物件とは

賃貸物件に入居する時には、大家さんとの契約が必要になります。またこの時には、連帯保証人も必要です。連帯保証人というのは、入居者が家賃を払えなくなった時に、代わって払ってくれる人のことで、普通は家族や身内になってもらいます。ただし最近では、高齢で賃貸物件に入居する人や、外国人の入居希望者も多く、連帯保証人のなり手がいない時もあります。

そういう人たちのニーズに応えるのが、家賃保証付きの物件です。この家賃保証というのは、入居者が家賃を滞納した場合に、賃貸管理会社が代わりに払ってくれる制度です。立て替えた分の請求は、滞納した本人のもとへ行きます。この手の物件では、まず審査が行われて、過去に家賃の滞納をしていないか、あるいは家賃をきちんと払えるだけの経済力があるかを見られます。

通らなければ、入居することはできません。しかし会社によって基準は違うので、A社ではだめでも、B社の物件なら通ったということもあります。また、ローンの滞納などでブラックリストに載っている場合でも、信販系以外の会社の物件であれば、収入さえあれば通ることが多いです。審査に通ると、その会社に保証料を払います。

この保証料も会社によって様々ですので、事前にネットなどでチェックしておくといいでしょう。また家賃保証付きでない、大家さんのいる物件であっても、事情を詳しく話せば、連帯保証人なしでも入居できることがあります。連帯保証人がいないからと尻込みせず、自分に合った物件を探すようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です