賃貸物件に暮らすこと

現在の日本では、特に都市部では土地が少なく、広い住宅に住むことが難しい状況になっています。これが、地方に行くと少しは余裕があるものの、自分の家を所有するということがなかなかできない場合や事情により所有するということをしない場合では、賃貸物件に暮らすことになります。賃貸物件というのは、アパートやマンション、一戸建てなど、いろいろな種類の住宅があります。一人暮らしではワンルームに暮らす人も多いのですが、ファミリー向けの物件もあるので、そういったところに住むという方法もあります。

自分で住宅を所有すると、住宅の費用を払うためにローンを組んだり、固定資産税を支払ったり、火災保険や地震保険などを支払ったりしていくことになります。住宅に不具合が出てきたときには、そのメンテナンスも自分でしていくことになります。それに対して、賃貸では家賃を毎月支払っていきます。初期費用としては、まず礼金や敷金、前家賃、仲介手数料などをまとめて払っていくことになります。

賃料のほかにも管理費などを払っていくような場合もあるので、そういった分を毎月引き落としや振込みなどで支払います。そういったことをしていくと、かなり年間で支払額がかさむのですが、実際には自分たちの所有ではないので、財産ということにはならないのです。また、賃貸では建物が古くなってくると徐々に家賃を下げてくれるということもあるので、交渉してみるのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です