賃貸かマンション購入か

賃貸かマンション購入か、どちらがいいのか永遠のテーマと言っていいでしょう。超低金利時代の今ならなおさらのこと。賃貸はいわばお金を捨てているようなもので、何年住んだところで自分の手元には何も残らない。一方でマンション購入はローンを払い終われば自分のものとして不動産が手に入るものの、そう易々と住み替えられるものではありません。

そんな考えのスパイラルに陥っている方も多いでしょう。そこで、1つの考え方を提案します。それは、「数年後または数十年後に選択肢を持っている自分でいたいと、今思えるかどうか」という指標を持つこと。思えるなら購入を、今ではないと思うなら賃貸です。

ここで言う将来的な選択肢とは、お金と不動産のこと。月々賃貸と同じ程度の返済額でマンション購入できる時代とは言え、大金には違いありません。また不動産を持っていることは必ずしも良い面だけではなくデメリットも考慮する必要があります。「賃貸で払うお金がもったいないから」と購入を急ぐのは目先のことだけに目がいっている可能性もあり、拙速です。

その家を数年後も数十年後も好きだろうなと思えたら、決め時かも知れません。自分で家を持つことは人生の大きな目標の1つでもあります。かく言う筆者も購入の夢ができてから、家計をきちんと管理し、経済に興味をもった一人。借りるか買うか、その決断はまだ先でも、将来どんな自分でどんな家に住んでいたいか、今の内から考えておくのは悪くないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です