賃貸経営は空室リスクだけでなく賃借人にも気を使う

土地等の不動産を有効活用する一般的な方法は、それを貸すという賃貸事業です。土地をそのまま駐車場として貸すのであれば投資はほとんどいらないでしょうが、平面としてしか活用できないため賃貸収入を大きくすることは難しいでしょう。賃貸アパートやオフィスビル等の建物を建築することによって貸出し面積を増やし賃貸収入を大きくすれば、その分設備投資に必要な金額が増加することになります。いずれがいいかは、その人の自己資金の状況や、その土地が担保としてどれだけの価値があり融資金額がどれぐらいになるかによるでしょう。

もちろん金利水準も判断要素の一つです。ただいずれにせよ、賃貸事業を始めたら、意識は貸出し率を向上させることに集中することになります。アパートでいえば空室リスクを抑えるということです。そして空室リスクを考える場合において、一つ重要なポイントがあります。

それは借りる人をしっかり審査するということです。アパート経営において空室が発生すると、焦りを感じどんな人でもいいから貸したいという気分になったり、家賃を下げてでも部屋を埋めようと考えるかもしれません。しかし、賃借人の審査をしっかり行わないと、家賃を払ってくれないような人が住みついてしまい、かえって損をする可能性がありますし、家賃を下げると元の住人ともめるかもしれません。空室リスクは痛いですが、賃借人が信用できる人間か、家賃をしっかり支払ってくれるかといったチェックは手を抜くべきではないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です