賃貸アパート経営の流れとポイント

最近は相続対策で勧められたといって賃貸アパートを建設する人が増加しているようです。賃貸アパート経営の流れは、賃貸アパートを建設し、不動産会社に入居者の募集をしてもらい、入居者が入ってきたら不動産管理会社に管理を委託すれば、自動的に家賃が入ってきて利益が出るというものですが、いざやってみるとなかなかうまく行かない場合があります。そのポイントは大きく分けると三つあります。一つが空室リスク、もう一つが住人とのトラブル、最後がアパートの魅力が低下するということです。

一つ目の空室リスクは言葉の通り入居者に入ってもらえず家賃がまるまる入ってこない状態になることです。対処法としては、広告を打つなどの追加コストをかけること、建物をリノベーションするなどして魅力を上げること、または家賃を下げることでしょう。住人トラブルについては、管理会社の能力が問われるところです。日頃から様々なことをきっちり管理していればトラブルが起こったとしても早期解決が望めますが、管理がいいかげんだったりすると発生するトラブルも大きなものになり解決が難しくなりがちです。

そのため、いい管理会社を選択することが大切です。最後の建物の魅力の低下ですが、賃貸アパート経営は長期的に資金を回収するビジネスであり、借入金で建設をした場合はその返済が終わった以降が稼ぎ時ということになります。しかし同時に建物の魅力が下がるので家賃が下がり気味になります。そのため追加投資をするか、投資せずに家賃を下げてでも利益を優先するかは迷う所でしょう。

シニア向けの賃貸住宅のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です