賃貸アパートを探して入居するまでの流れ

賃貸アパートに入居したい場合には、まず希望の物件を探す必要があります。お勧めは、自分の通勤や家族の通学の都合やその他の利便性、自然の多さなどを参考にして、住みたい街の最寄駅を先に想定する方法です。その前後の駅の賃貸物件について、ネットで地域や間取りそして設備などで絞りこみながらいくつかの物件候補を選びます。それと同時に、該当する街の不動産屋へも直接行きます。

ネット検索で見つけた物件の内見を依頼するとともに、希望条件を言ってそれ以外の物件も紹介してもらようにすると、十分な候補の中から住みたい物件を見つけることができるでしょう。賃貸物件の内見をする場合は、大きな傷の有無について不動産業者といっしょに確認をすべきでしょう。これは自分が退去する時の原状回復費用に関係してきます。大きな傷等をいっしょに確認をしておけば、自分の原状回復義務の範囲外であることが共有でき安心です。

写真も撮っておくといいでしょう。これらをクリアしてこの物件に決めたとなるといよいよ契約です。一般的には保証人を立てることが求められるでしょうから、親や兄弟などに依頼できるとスムーズに入居できるでしょう。保証人が立てられない場合には保証会社が保証する形態の物件もありますが、保証料の分家賃は高くなります。

あとは、造作買取請求権(通常は特約で排除されていることが多い)があるかないか、敷金はどういう扱いになるか、そして家賃の支払いタイミングは翌月分を当月末に支払いか等を確認して契約をします。契約が完了すれば鍵をもらって晴れて入居です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です