賃貸を上手に退去する為に

賃貸物件を退去する時には揉めてしまう事があるようです。その主な原因になるのが費用ですが、費用で揉めない為の工夫を心掛けましょう。揉めない為には賃貸に入居する時に写真を撮っておく事です。退去する際には覚えのない費用についてまで費用を請求されるというトラブルがあります。

入居者には原状回復の義務がありますので、身に覚えのある傷なら修繕をしなければいけませんが、しかしながら全く無関係の傷に関しては修繕したくないものです。それを証明する為には記録として残しておくのがベストですので、その為にも賃貸に入る際には荷物を運び込む前に写真を撮影しておくのが理想的と言えます。その際には日付が入っていないと有効性が低くなりますので、日付を入れる事を忘れないようにしましょう。クリーニングが不要な位に清掃をしてから退去する事も大切です。

汚れがある状態ですとクリーニング業者に入ってもらう事になりますが、その際の費用は入居者が負担する必要があります。そして汚れの程度によってはクリーニング費用も高く掛かってしまいます。安く済ませる為にはやはりクリーニングをしておく事が大切ですので、そのままの状態では退去しないように注意した方が良いでしょう。クリーニングをしておきたい箇所としては、やはりキッチン周りや水回りです。

これらの箇所は特に汚れ易い部分ですし、クリーニング費用も高くなりますので、必ずお手入れをしておいた方が良いと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です