良い賃貸物件の探し方

賃貸物件に住むことで、隣人と仲があまりよくなかったり、新しい場所に住みたくなってもすぐに引越しをすることができ、新築を購入するよりも最初に掛かる費用を抑えられるので、収入を趣味や生活費に使いやすくなります。しかし、住んでいる場所が気に入らないからといってこまめに引越しをしていると手間と費用が掛かるので、不動産で賃貸物件を探すときには、慎重に行動する必要があります。まずどの不動産に行くかホームページを見て、良い会社かどうかを判断します。次に自分が住みたい物件の条件を明確にしたら不動産屋に行き、着いたら店の状態や接客を確認します。

店があまり綺麗にされていなかったり、店員の言葉遣いなどが悪い時にはその店では物件を探さないようにします。物件を実際に見る時には、最寄駅からどのくらい歩くと着くのか物件情報に書いてありますが、自分の移動速度や天候などによっては着く時間が変わるので、実際に歩いて確認を行います。ただしその駅周辺が普段からにぎわっている場合には家にいるときにも音が聞こえてくることがあるので、距離だけで物件を判断しすぎないようにします。また、洗濯物や布団が干せなくなるので、日当たりが良いかどうかや携帯電話を使った時に電波が悪くないかも調べます。

他にも部屋の中が他の建物から見られやすくないか、防犯対策がしっかり行われている賃貸物件かなどを見ることで、自分の本当に住みたい場所で生活できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です