礼金や敷金がない賃貸物件とは

最近、アパートやマンションという賃貸住宅物件には、礼金ゼロ、さらには敷金も礼金もゼロ、といったものがかなり出てきています。これは、礼金や敷金といった入居時費用の負担を軽くすることで、より多くの入居者を呼び寄せようとする家主側の思惑によるものでしょう。というのも、アパートやマンションといった賃貸住宅を借りる側にとっては、その入居時に必要となる敷金、礼金といった入居時費用の負担は非常な大きなものだからで、もしも、敷金・礼金がそれぞれ家賃の2ヵ月分であるような場合には、前家賃の1ヵ月分と不動産業者に支払う仲介手数料の1ヵ月分と併せて、総計で家賃の6ヵ月分もの費用が必要になるわけです。さすがに、敷金、礼金が共に家賃の2ヵ月分といった賃貸物件はそうはありませんが、たとえ1ヵ月ずつであったとしても、入居希望者にとってその入居時費用の負担は馬鹿にはなりません。

このために、礼金がゼロ、さらには敷金も礼金もゼロである賃貸物件であれば、それだけでも魅力のあるものになるわけです。これが家主側にとっては、礼金という入居時費用による収入が減っても、礼金をゼロにすることでそれだけ入居者を集めやすくなれば、確実に家賃収入を得ることが出来て、空き部屋数を減らすことが出来るわけですから、礼金や場合によっては敷金までもゼロにすることは、決して損することにはならないというわけなのです。わざわざ損をしたがる家主はいないわけですから、礼金や敷金を無しにするというのは、こうした思惑があってのことなのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です