オフィスや店舗のほとんどは賃貸物件である

オフィスや店舗といったもののほとんどは、賃貸物件であるというのがその実態でしょう。店舗の中では大規模な売り場を擁していて、規模の大きなものであるスーパーも、そのほとんどが賃貸による運営となっていて、そのために、ある業者の経営であったスーパーが他の業者の経営であるスーパーの店舗に取って代わる、といったことも珍しくはないわけです。もちろん、自社運営であったスーパーの店舗が売却されて、他業者のスーパーに代わるといった場合もあるでしょうが、多くの場合、下層階が店舗スペースになっていて上層階がマンションになっている、といった賃貸ビルの下層階にスーパーが入居している、といったようなパターンが多いわけですから、自社の建物として店舗を構えて運営しているスーパーの割合といったものは、やはり少ないものと言えるでしょう。地価の安い地方都市などの場合には、これとは逆に大手のスーパー業者が自社ビルを建てて、上層階をマンションスペースとして貸し出しており、その下層階で自社のスーパーを営業している、といったパターンもあるようですが、地価の高い大都市圏である場合には、こうした運営形態は負担が大きいために、賃貸である店舗スペースを借りてテナントとして営業をしている、といったパターンがほとんどでしょう。

むろん、このようなパターンはオフィスの場合でもほとんど同じで、大都市圏のオフィスといったものは、その大半が賃貸のものになっている、というのが実情と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です