個人経営である賃貸住宅運営の実態とは

アパートやマンションといった賃貸住宅の経営者である家主にとって、いちばん頭の痛い問題といえば、入居者がなかなか確保できずに空き部屋が増えてしまうこと、と言えるでしょう。特に、不動産投資として、個人経営で賃貸アパートやマンションを運営している家主にとっては、不動産投資ローンの返済をしながらの賃貸住宅経営であることから、入居者をなかなか確保できずに、空き部屋が増えてしまうということは、実に深刻な問題となってしまうわけです。会社法人である住宅業者が、賃貸アパートやマンションを運営している場合には、銀行からの融資によってその運営資金を調達することもできるわけです。ところが、個人経営である家主の場合にはそんなことはできませんから、あくまでも家賃収入だけが頼りで、その中から月々のローン返済を行ってゆかなければならないわけですから、思うように入居者を確保することができなくて、その総家賃収入でローンを返済した上で利益を出して行くことができなければ、最悪の場合にはローン破産することにもなりかねない、苦しい台所事情となってしまうのです。

このためには、礼金やさらには敷金すらをも無しにしてでも、何とかして入居者を確保して、空き部屋をなくすことがどうしても必要となるわけで、最近では、礼金や敷金までをもゼロにしている賃貸物件が増えてきているのは、こうした個人家主の集客事情といったものの反映、と言えるのではないのでしょうか。シニア向けの賃貸住宅のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です