連帯保証人を用意できない人が神戸で賃貸を借りる方法

神戸市内で賃貸のアパートやマンションを借りる際には、あらかじめ連帯保証人を用意しておかなければならないケースが多いです。しかし、物件を借りたいと考えている人の中には、連帯保証人になってくれそうな人が見つからない状況におかれている人もいます。もし、このような状況に遭遇した場合、神戸市内で賃貸物件を借りるにはどのようにすれば良いのでしょうか。連帯保証人になってくれそうな人がいない状況で神戸市内で賃貸を借りる場合、手っ取り早く解決したいのであれば連帯保証人を不要としている物件の中から選びましょう。

近年は、連帯保証人を用意せずに入居審査に申し込むことができる物件も多くなっており、インターネットの住宅情報サイトで調べればいろんな物件が見つかります。一方、どうしても連帯保証人が必要な物件に入居したいのであれば、保証人の代行業務を行っている会社を利用する方法があります。この会社に登録すると、不動産業者に入居を申し込んだ後、その旨を伝えることで、連帯保証人として入居審査に関わります。もし、審査を通過して入居が決まった場合は、保証金や前家賃などを支払うときに、保証人代行会社へは保証料を支払います。

相場は登録した保証人代行会社によって異なりますが、おおむね家賃の3割から5割程度になると考えておくと良いでしょう。このように、依頼できる連帯保証人がいない状況下では、連帯保証人不要の物件を探すか、保証人代行会社に登録した上で入居審査に申し込むかのいずれかの方法をとれば、審査を経て神戸市内の賃貸物件に住めるようになるので、自分のおかれている状況に最も適している方法を選んで、入居を申し込みましょう。高齢者住宅の賃貸経営のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です