注文住宅のデメリット

注文住宅は自由に設計できることで施主にとっては快適な環境を作り出せるメリットがありますが、もちろんデメリットに感じられる部分も多くあります。メリットに関しては家庭環境やライフスタイルに合わせた間取りが実現できる点にありますが、住宅購入の満足度を高めるには最適な形態だと言えます。メリット方が多い注文住宅ですが、依頼先によって不満や不具合が出てしまうことがあります。建売住宅はコスト重視の設計が行われやすく、使用する建材も規格品を多用しているのが普通ですから、施工品質に関する不満が少ない点が特徴です。

もちろん施工品質は満足できてもグレードや間取り、機能性は別の次元となりますが、注文住宅は規格品を使用できない部分も多いため、業者の施工能力や施工品質によって出来栄えが左右されてしまう性質があります。施工品質が悪いと各部の取り合いが悪いなど見た目の悪さや機能性が欠けてしまうといった問題が出てきますので、技術力に定評のある業者を選ばないと問題が出てきます。注文設計ですから設計事務所に依頼すれば、設計者と施工業者が別の業者になってしまうため、業者選びが難しい点がデメリットとになります。設計者の能力が低くても施工業者の能力が高ければ良い住宅になりますが、どんなに良い設計でも施工が悪いと満足感が薄れてしまいます。

注文住宅はこだわりとライフスタイルにマッチしたプランが可能ですが、業者選びが難しいことがデメリットになります。シニア向けの賃貸住宅のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です