Skip to content

住宅ローンの審査でチェックされる項目

住宅を購入する際には、すぐに一括で支払いを済ませられる人は数少ないため、銀行や信用金庫などの金融機関が行っている、住宅ローンを利用することになります。住宅ローンは借金と変わりがなく、月々返済していくようになりますので、それなりの資格を持った人でないと、簡単に住宅ローンを利用できることはありません。住宅ローンではまず審査が行われますが、この時にチェックされる項目について、よく知っておきたいものです。まず、今までの借り入れに関する履歴をチェックされます。

各種ローンやキャッシングに加え、身近なクレジットカードにおいても厳しくチェックされます。多額の借金や、滞納履歴などは嘘をついてもばれてしまいますので、十分に注意しましょう。収入も、かなり重要な項目になります。ある程度の金額を月々返済する能力が必要なため、あまりにも収入が少ない人は審査に落ちる可能性が高くなります。

また、収入が多くても定期的な返済ができるか怪しい不安定な収入だと、厳しくなるでしょう。一般的には会社員や公務員の立場が、信用されるケースが目立ちます。収入を得る勤務先と勤続年数も、審査項目に入ります。しかし、これらの項目は前述の2つに比べると、重要視されないといわれています。

勤務先が大企業であると審査で優遇されるのは昔のことで、中小や零細企業でも、殆どマイナス点にはなりません。勤続年数においても同様です。昔は最低でも3年は欲しいとされていましたが、現在では1年以上でも問題ないことがよくあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です