Skip to content

住宅ローンにおける審査の重要な要素

戸建住宅やマンションを購入する際には、殆どの人が住宅ローンで支払いを済ませることになります。住宅ローンを利用するには、金融機関の審査に通る必要がありますが、審査において重要視される要素がありますので、よく覚えておきたいものです。最も重要な要素の一つとして、現在の借金、および借金の返済履歴をチェックされます。借金とは、車のローンや教育ローン、金融機関や信販会社、消費者金融などのカードローンやキャッシングサービス、クレジットカードの残高などです。

借金が多すぎると審査のマイナスポイントになる可能性がありますが、より重要視されるのが、返済履歴になります。今現在や数年前に、借金の返済が滞った記録が見られた場合には、立場がかなり厳しくなります。このような情報は、専門の信用情報機関に記録されており、住宅ローンを提供する金融機関は審査の際に、必ず信用情報機関で申し込み者のお金に関する情報をチェックします。よって、借金はないと嘘をついたとしても、すぐにばれてしまいます。

借金に関する要素は、仮審査の段階で落とされることが多いほど、最優先でチェックされるものだと覚えておきましょう。しかし、借金が収入に比べて多すぎたり、今現在、借金の返済が滞っていたとしても、直ちに完済すれば対応してくれる金融機関も存在します。これについては細かな条件や要素が絡んできますので、誰でも許可される保障はありません。過度に期待しないようにしましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です