Skip to content

住宅ローンの審査の状況

住宅ローンを利用するには、金融機関のサービスを利用するのが一般的ですが、申し込めば誰でも利用できるという甘いものではありません。同じローンでも、カードローンやフリーローンとは違い、一度で借り入れる額が1000万円を超えることが普通であるくらいに高額であるため、各種ローンの中でも審査の厳しさは最高ランクといわれているほどです。よって、審査に通るには、ある程度の安定した収入に加えて、収入の多さがなければなりません。いくら月々支払いがある安定収入だったとしても、収入が少ないアルバイトやパート、派遣社員ではまず審査に通らないと覚悟しておきましょう。

これは会社員であっても、同様のことがいえます。住宅ローンといえば金利がつきものですが、最近は景気回復の兆しがあり、これから金利が高くなる可能性がありますが、現時点だとかなり金利が低い状況ですので、融資をする金融機関側も利益があまり狙えず、やや審査基準が厳しくなっています。よって、見事審査に通ったとしても、希望額よりも少ない金額になったり、高い金利を条件として要求される場合があります。住宅ローンを提供している金融機関はそれぞれ、審査基準に差があることが目立ちます。

同じ条件で、A銀行では審査に通らなかったのに、B銀行ではすんなりと審査に通るという光景はざらです。ですから、住宅ローンの利用の際は、1つや2つ断られたからといって諦めるのではなく、複数の金融機関にあたることが大切です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です