Skip to content

住宅ローンの審査に通らない時の対策を解説します

住宅ローンの審査では、審査に落ちてもなぜ落ちたのかという理由は教えてもらえません。審査の基準は金融機関によって違っており、その情報は非公開だからです。一般に、住宅ローンの審査では、年収と返済負担率、勤務形態、勤続年数、個人信用情報、不動産の担保評価、健康状態などが重視されます。年収や、勤務形態、勤続年数の基準については、銀行のホームページに載せられていることもあるので、しっかりとチェックしておきましょう。

派遣で働いている人が、申込み条件を正社員に限っている銀行に申込みをしても、無駄な時間をとるだけになってしまう可能性が高いです。銀行の審査である意味最も重要なのが、個人信用情報です。個人信用情報については、個人信用情報機関(CICなど)に情報開示請求をすれば自分の信用情報が確認できるので、審査に落ちた人は思い当たることがなくても確認しておきましょう。携帯料金の延滞など、意外な理由で信用情報に傷がついていることもあります。

通常のカードローンならば、信用情報に傷がついていても、信用情報をあまり重視しない金融機関(消費者金融など)で借りるという方法もありますが、住宅ローンに関しては、信用情報に対してとても厳しい銀行が主な借入先となるので、信用情報には普段から気をつけておかなくてはなりません。信用情報が原因で審査に通らない時は、完済してからおよそ5年が経過して、信用情報から「延滞」や「異動」の記録が消えるのを待つしかない場合があります。信用情報の傷が1回の延滞だけならば、最短24ヵ月で不利な情報を消すことができます。例えば、クレジットカードの支払いを1回延滞しただけならば、その後の24ヶ月間健全な支払いを続ければ、「延滞」の記録は押し出されて消えます。

この方法は24ヵ月払いのローンなどには使えませんし、延滞が3ヶ月以上続くと金融事故として扱われてブラックリスト入りするので注意です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です