Skip to content

廃車の買取では値がつくのか?

廃車にする車は無価値で値がつかないと考えている方が多いですが、無価値の車など存在しません。買取業者としては値がつかないと言ったほうが、自社の利益につながります。これは中古車の買取に関しても言えることであり、売り手には50万円の価値があると話していても、実際には80万円の価値があるかもしれません。廃車の場合も同様であり、担当者が無価値とは話していても、実際は10万円以上の価値があったりします。

実際、価値がゼロと言われてそのまま手放した車が、後日数十万円で売られていたりします。本当に価値がなければ、修理をして売ることなどできません。廃車の中でも、特に不動車や事故車は評価が下がります。もはや運転できないような車なら価値がゼロだと思うかもしれませんが、実際には価値がつくのです。

運転はできなくてもパーツは使えますから、分解して中古パーツとして売り出すこともできます。車が交渉してパーツ交換が必要になったとき、中古パーツを使用すれば新品の半額程度に修理代を抑えることができます。このとき使用する中古パーツは無料ではなく、新品の半額という値がついています。動かない車でもパーツ単位で考えると価値があるため、廃車にするような車でも買取額がつくのです。

もし価値ゼロだと言われた場合は足元を見られている可能性があります。廃車の売却をするときも、いろいろな業者を比較して査定額の高いところに売却するべきでしょう。複数の業者で査定をして、高く買取してくれる業者を選んでいくのが基本です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です