Skip to content

廃車に必要な2種類の手続き

愛車にもやがて別れの時期がやってきます。廃車となった時、『もう乗らないから』と廃棄するだけではいけません。車は登録されていますので、手続きをしなければ毎年の自動車税は発生しますし、年度の途中であれば、自動車税が返還される可能性もあります。廃車となった車の手続きとしては『一時抹消登録』と『永久抹消登録』の2種類があります。

『一時抹消登録』ですが、これは車自体は解体せずに、一時的に車を使用停止の状態する手続きです。もし、新たなオーナーが見つかれば、すぐに中古新規登録を行い復活させることができますし、そのまま解体し『永久抹消登録』を行う場合もあります。この手続きは普通車であれば管轄の陸運局、軽自動車であれば各都道府県の軽自動車協会で行います。その際、ナンバープレートを取り外して返還する必要があります。

次に、解体廃車となった場合に行う手続き『永久抹消登録』ですが、これには解体を行った業者が記入した自動車リサイクル券の『移動報告番号』が必要になります。この番号を申請書に記入し、自動車重量税の還付がある場合には、申請人の銀行口座を記入します。この『永久抹消登録』が完了すれば、完全に廃車された状態となります。『一時抹消登録』のように再び復活させることはできません。

このように、廃車手続きには2種類の手続きがあります。この手続きは行政書士のような専門家に依頼してもよいですし、時間さえあれば自分でも申請することは可能です。必要書類さえあれば非常に簡単な手続きです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です