Skip to content

中古車購入における情報チェックのポイント

中古車は新車とは違って個々の商品がまったく条件の異なるものですので、購入にあたっては様々な情報をしっかりと収集して確認する必要があります。中古車購入の際に値段を大きく左右するものとして、年式や走行距離がありますが、それ以外にも修復履歴の有無は大きな価格差を産みます。一般的には修復歴を持つ自動車を購入することは大きな抵抗があり、多くの消費者がこれを避けているのが実情ですが、修復履歴のある自動車でもその情報を詳細に確認すると、実は大変お買い得な良い物件であることもしばしばです。たとえば、修復の箇所ですが、前面を事故で損傷した自動車と後面を損傷した自動車では、その影響が大きく異なります。

自動車のボディは前と横の衝撃によりゆがみなどの大きなダメージを受けることがありますが、後ろからの衝突で後ろの枠組みだけを微修復したものは、走行性能にほとんど影響を与えないのです。中古車情報においてはこの修復箇所を詳細に説明し、どのような修復を施したのがきちんと公開してくれる業者が増えてきました。最近の修復技術は、塗装などの外観だけではなく、非常に進化しているので、中古車の購入にあたって少しでも費用を抑えたい場合には、こうした後部の修復歴車両をターゲットにするのも一つの方法です。なお、前面と側面の修復歴がある自動車は、高速走行などにおいてどのような影響があるのか未知数ですので、普段の街乗り程度で使用する場合には気になりませんが、使用用途は気にかけたほうがよいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です