昔ながらの方法でネズミ駆除はできる?

昔話や童話などには様々な動物が登場しますが、その中でも特に出番が多いものの一つがネズミです。イラストなどでは愛らしく描かれるネズミですが、実際は家の中の食べ物を食い散らかしたり、古くは伝染病の原因になるなど、人間にとっては非常に厄介な存在です。現代においても、ネズミによる被害は様々な場所で発生しており、時としてその被害は軽視できないものになることもあります。家の中や飲食店の店舗などでネズミの被害が発生したときは、できるだけ早くに対処をとらなければ被害がますます大きくなってしまいます。

これらを駆除するのに、古くから行われているのが、升落としなどの罠を仕掛けたり、猫いらずと呼ばれる殺鼠剤を用いる方法です。昔話のように升落としで駆除するというのは、冷静に考えれば現実的なものではありませんが、最近の捕獲機を使って駆除するというのは有効な方法です。また、殺鼠剤も、最近市販されているものは非常に効き目が高いものが多くありますし、誘因作用もあるので警戒心の強い個体でも効果を上げることができます。これらの効果をより高めるためには、設置する場所や方法も工夫しなければなりません。

ネズミの通り道にはラットサインと呼ばれる痕跡が残るので、そのラットサインを見極めて、活動範囲を特定することが大切です。また、警戒心が強い動物なので、罠や殺鼠剤の場所を頻繁に置き換えるというのも問題です。効果が出るまで時間がかかることもあるので、長期戦になることを念頭に入れておくことも大切です。

Filed under: ねずみ, 対策, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website