ねずみ屋根裏、対策の方法とは

聞きなれない音で目が覚めたら、屋根裏を走り回る音が聞こえたことはありませんか。かすかに鳴き声がするなど、ねずみが入り込んでいることに気付くと、嫌な気分になります。ねずみは食べ物を狙うだけでなく、いろいろな所を走り回るため、決して衛生的ではありません。ねずみ屋根裏、そのような状況が発覚したら、早めに対策をしましょう。

まず、どこから屋根裏に入ったのか。小さな隙間も通り抜けることができる、それがねずみの特徴です。入り込めないようにすることが、第一段階です。穴が開いているようなことがあれば、ふさぎましょう。

そして第二段階が、食べ物の有無です。ねずみが侵入しているであろう経路のどこかに食べ物はありませんか。食べ物があるからこそ、ねずみは「ここに来れば何か食べられる」と繰り返し現れます。そして、屋根裏に設置できるようなら、ねずみを捕獲するための粘着シートを置いてみます。

ただし、一定の時期が過ぎたら撤去しなくてはならないことも、忘れないようにしましょう。放置したら、ねずみ屋根裏から、新たな虫の発生などに発展してしまいかねません。どうしてもねずみが捕獲されたシートをさわりたくない場合は、別の方法を考えたほうが良いです。ねずみ駆除を専門としている業者もいるため、お願いして徹底的に駆除してもらうのはいかがでしょうか。

すぐに決めてしまうよりは、いくらぐらいかかるのか、見積もりを出してもらって比べてみることです。ねずみ屋根裏を気にすることなく眠れるようにしたいものです。また、他の場所にまでねずみが現れないようにするためにも、早めに対策をするようにしましょう。

Filed under: ねずみ, 対策, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website