ねずみ屋根裏の被害を修繕して二次被害の発生を抑止

ねずみ屋根裏の被害が発生したら、殺菌消毒、清掃、薬剤散布、乾燥を施工してもらいましょう。ねずみの排泄物は雑菌の温床になりますので、放置し続けていると家族の病気の原因につながってしまう可能性があります。排泄物そのものを除去しても、菌そのものが残り続けてしまうので、雑菌消毒が必要です。殺菌消毒と清掃は同時施工がポイントです。

ネズミの排泄物が大量に発生していると、固形物として存在していることになり、重量も相当です。くもの巣やダンゴムシやシロアリなどが寄り集まってきている場合もあるので、殺菌消毒と清掃は片方だけでは不十分です。ねずみ屋根裏の被害を修繕するには、原因の除去と改善がポイントになります。殺菌消毒と清掃だけで済ませれば、施工費用は安いのですが、二次被害が心配です。

建物の構造を変化させなければ、再びねずみが入る場合もあります。リフォーム工事を伴わずにねずみ屋根裏の被害を修繕するなら、薬剤散布をしておきましょう。薬剤は決して高額ではありませんので、殺菌消毒と清掃との同時施工がお得です。それぞれ別々に施工すると、出張工事費用コストが毎回かかります。

可能であれば乾燥しやすいように環境改善も行ないます。自分で除湿用の炭を購入すれば低予算で乾燥させられます。ねずみ屋根裏の被害が発生した場所は、専門家でないと入りにくい場合もあるので、あらかじめ炭を購入しておいて、清掃のタイミングで設置してもらうと良いでしょう。住居用の除湿ができる炭を購入し、清掃時に設置してもらうのは、施主支給に該当するのでコスト削減効果も大きいです。

Filed under: ねずみ, 対策, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website