ネットショップの在庫管理システム

インターネットで買い物をするなど不安だ、という声も聞かれなくなってかなり経ちました。

ネットショップにクレジットカード情報を登録したら、もう商品を選ぶだけで翌日には届く、そんな楽な買い物にみんな慣れてしまったのでしょう。しかも大手なら商品数は数百万に上り、ほとんど売っていないものがない状況です。楽な世の中になりましたが、それを支えているものは流通と、倉庫業です。大規模倉庫になると在庫管理システムは必須のものになります。

まず大まかにこの辺りにこのショップの商品を置いておく、と決めていても、それ自体がとても広いスペースになっていたら、探すのも大変です。なので在庫管理システムにより入庫時に必ず入庫情報を記録し、どこに置いてあるか、いくつ置いてあるかの情報を取っておくのです。倉庫はたくさんの棚を置き、小さな商品なら棚からそれを探すのも大変です。

なので場所情報がとても大事なのです。在庫管理システムではその情報を管理しており、商品を探すピッキング作業を効率良く行う為にバーコードスキャナーなどを活用して商品を探しだします。場所が分かっているのなら見付けるのは簡単なはずですが、この棚に置いてあるからと言って多少ずれている場合もあり、どの倉庫も綺麗に整頓されているとは限らず、スタッフには経験とスキルが求められるのです。大手ネットショップほど大きな倉庫を持っており、大量の在庫を抱えていますが、それを支えるのは経験豊かなスタッフなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *