在庫管理システムは数年前とは大きく変わっています

在庫管理システムというと、大きな倉庫と整理整頓された商品というイメージがありました。

そのため在庫管理システムを導入する為には、大掛かりな倉庫や通りやすい通路を確保する必要がありました。今までは、棚や置き場所を分類するイメージがありました。その為に、商品を置いた状態を眺めると類似商品が順番に並んでいる傾向が大きくありました。ただ在庫の管理の手法は大きく変わってきました。バーコード管理を今までは商品の種類単位で行っていましたが新しい在庫管理システムでは、商品ひとつひとつに対してバーコード管理していくようになりました。

商品の一個ずつに管理してますので商品の賞味期限や在庫場所に対しても、色々な場所に置くことができるようになりました。Aという物を5個出荷するという場合に対して在庫管理システムを利用すると、賞味期限や生産日が古い物などを優先するケースや、出荷する商品を同一の生産日に統一するなど詳細な指定をする事ができるようになります。

ピッキングに対しても棚をバーコード管理する事や、GPSにて商品のある位置を少し動かしても自動的に対応する事ができるようになりました。自動にてロボットがピッキングする事もできますし、通販などの倉庫では人間がピッキングする事により詳細な管理をする事や新たなシステムを構築する事が容易になりました。流通数などまたキャンペーンなどの、購入パターンの変化などに関しても柔軟に対応する事ができるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *