家電でのiotデバイス

最近よく話題になっているものに、iot、モノのインターネットがあります。

これはパソコンやスマートフォンなどの元からインターネットに繋いである機器以外にも、インターネットに繋いでその恩恵を受けるシステムというか仕組みです。分かりやすく家庭内で言うと、エアコンや給湯器、冷蔵庫などをインターネットに繋いでしまうという考え方です。そしてその場合にiotに繋ぐ家電などをiotデバイスと言います。そんなもの繋いでどうするのか、不思議に思う人もいるかもしれません。

しかしこれらはインターネットが普及してきて、高性能パソコンが出現した頃から言われていたものです。近年の無線環境の広がりにより、実用性が増しました。たとえば通信機器はスマートフォンで、iotデバイスでエアコンを考えてみましょう。スマートフォンはいつも持ち歩いていますから、会社にも持って行きます。帰りに暑かったとしたら早めにエアコンを付けておきたい、そんな時に家に着く前にスイッチを入れられるのです。

iotデバイスは他にも風呂を沸かしておくとか、冷蔵庫の中身をチェックするとかが考えられます。もちろんそれらの機器が対応していなければなりませんが、新しく販売された家電にはその機能が付いているものもあるため、購入する際のチェックしてみるといいでしょう。最近では音声で指示出来るデバイスの出現により、それらの機能の付いた家電が増えています。少し未来を感じてみるのにiotデバイスの家電は最適化もしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *