取り付けることでiotデバイスに変身

iotデバイスと聞くと、高額でいろいろな機能がついているものを想像してしまいますが、実際にはもっと単純なものも存在しています。

例えば後からセンサーを取り付けることで、意外な物がとても便利なデバイスに変身させることが可能です。例えば明るさセンサーを使って、部屋の明かりがついたら連絡するようなシステムを作れば、それもiotデバイスと言えます。加速度センサーをドアにつけて、開く時に何らかの挨拶をするようなことも可能です。モーションセンサーは傾きがわかりますが、落ちては困るようなものに取り付けて、落下を未然に防ぐような使い方もできます。

iotデバイスは特に規定がなく、ネットにつながる物なら全て該当すると言えます。別に情報が引き出せることがネットワークの活用方法では二ので、このようにセンサーの状態を発信するようなものも該当です。あとはどのようにそれを活用するかと言うことを考えれば、ありとあらゆる物がiotデバイスに変えることができます。

位置情報を確認できるセンサーを取り付ければ、ペットの場所を特定できたり、自転車の盗難防止などにも活用可能です。従来は諦めてしまったような紛失物も、タグを使えばどこにあるかわかるようにすることも可能です。ネットに繋がりさえすればスマートフォンで確認ができるので、とても便利です。それに加えてさらに操作もできれば、遠隔地での作業がとても便利に実施することがこうになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *